HOME > 改造について

改造して自分仕様のパソコンを作る

中古パソコンは、今現在そのまま使うと重い場合があります。
そんな時に役にたつのが、改造という方法です。
改造によって壊れてしまうことがありますが、相当なことをしなければそのようなことはめったに起きません。
改造するにあたって改造するところで有名なところを、紹介します。
まず、ハードディスクを新しいのに取り替えるか、SSDに取り替えるという方法があります。これでパソコン内のダウンロードなどが早くなります。ただ、ハードディスクなどのOSなどの情報を記録しているものを交換した場合インストールが必要になりますので気を付けてください。
ちなみにSSDにするとパソコン自体が静かになる場合があります。
その次にRAMいわゆるメモリーを増設します。しっかり容量を増やすと、全体的に動作が高速化かつ安定します。
最近は、デュアルチャンネルと呼ばれる仕組みを取り入れたものもあります。
冷却用のファンの掃除や交換などでもしっかりすれば、早くなったり、静かになったりします。
そのほか、グラフィックボードなどのパーツを積む方法もあります。
あと、危険を承知でやるなら、オーバークロックという方法もあります。これは、本当に危険です。最悪壊れます。